2009年11月06日

メールチェッカーにウィルス対策は必要か

メールチェッカーをパソコンにインストールして不安な事の1つに「ウィルス」が挙げられます。特にフリーでインストールしたメールチェッカーは不安だと思います。

最近のメールチェッカーの機能にはいい迷惑メールやスパムメール等を予め除去してくれる機能が付いています。しかしそれだけではウィルス対策も不十分と言って過言ではないと思います。

ですからメールチェッカーを使用している場合でも、ウィルスバスター等のソフトを使用し、ウィルスメール検索機能を有効にしておく必要が有ります。

これを有効にする事により、メールの中に含まれているウィルスを見つけだして除去してくれます。メールの中には差出人を知り合いの名前に変換させて送り付けてくる悪質な物もありますので、徹底的にウィルス対策は行う様にしましょう。

今現在自分で使っているパソコンのセキュリティが安全かどうかは「シマンテック」と言うメーカーで行われている「セキュリティチェック」を行って、パソコンの安全性を確認しておいた方が良いと思います。

また、ウィルス対策だけではなく、スパイウェア対策も行った方がよりセキュリティ面において強化されるのではないかと思います。スパイウェア対策はウィルス対策ソフトにも含まれていますが、より強化させる為にはスパイウェア専用のソフトを入れた方が良いでしょう。

最後にウィルスは常に進化しています。ウィルス対策を一度やったからと言って安心してはいけません。ウィルスパターンを常に最新にする等メンテナンスは欠かさずに行う様にしましょう。
posted by メール チェッカー at 11:06 | TrackBack(0) | メール チェッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132161311

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。